夫一生賃貸を表す画像

こんにちは。愛です。

地方なので参考にはならないかもしれませんが、いまでは持ち家です。1年前(子供が5歳の時)に小学校入学前がいいと思い、持ち家を建てました。

今では2人子供がいます。また今このような状況になって余計に持ち家のありがたさを感じています。

お姉さん

・一生賃貸って恥ずかしい
・やっぱり、持ち家で子供を育てたい

そんな希望で、夫と交渉して現在に至ります。

うちは庭が広く、庭で自転車が乗れますし、砂場も作って近所の子供たちもあつまる子供たちの遊び場となっています。

車もおけるスペースもじゅうぶんありますので、下の子の保育園の送迎は車で可能です。

唯一、近所のおばさんのスパイのような目が気になるくらいです。(笑)

お姉さん

そんなおばさんも将来は娘の結婚相手をつれてきてくれるかもしれません。

予算については、田舎ということもあり、都心での家賃を払うよりずっと安い金額で済んでいます。

今回は当初私の夫は、持ち家にまったく乗り気でなかったのですが、うまく話しをまとめて持ち家を買う方向にうまく誘導できました。

そんな話を今日はさせていただきます。

きっと、「一生賃貸なんて嫌」と思っている方には役立つと思うので最後まで読んでみてください。

夫が一生賃貸!といって譲らない・・・

夫が「一生賃貸!」って言い張っている方、旦那といつも「一生賃貸かマイホームか」で喧嘩になる方、「一生賃貸 恥ずかしい」「一生賃貸 惨め」という方、たくさんいると思います。私の決めの言葉は、

 

「一生賃貸って言ってるけど、あなたが死んだらどうするの!」

 

これでした。

どういうことかというと、「マイホームを購入すると実は保険に入らされます。

その保険のおかげで支払い主に万が一のことがあった時に残りのローンは保険から支払われるのです。」

一生賃貸 リスクは実は万が一の時に路頭に迷いかねないというとことなのです。

そうなんです。

「一生賃貸 家を持たないという価値観」で生きておられる方も一定数おられますが、マイホームは万が一の時の保険の意味も兼ねるんです。

お姉さん

わたしはこのことを知りませんでした。

こういった観点からも今回は、一生賃貸のリスク・マイホームのリスクなどの観点からどちらがいいのか見ていきます。

>>そんなの興味ない!って言っていた夫がハマった「成功する住み替え計画」を無料でもらえるのがこちら

■夫 一生賃貸?マイホーム? ケンカの火種。持ち家が欲しい。

夫 一生賃貸主張する画像

・安定したマイホームが欲しい
・40代で賃貸はみっともない
・毎月家賃支払い。住宅ローンのほうがまし

夫は一生賃貸と言っています。

だけど一生賃貸も40代となると少し考え方も違ってきます。

お姉さん

だれでも、考えは変わってくるもの。特に共通の友人が持ち家を買ったときなどチャンスが到来します♪

万が一の場合を考えると一生賃貸のリスクだってありますし、一生賃貸の末路って意外とさみしいものになる気がしています。

安定したマイホームが欲しいし、40代で賃貸というのは、みっともないという気もしています。

だって冷静に考えて毎月家賃の支払いを考えたら住宅ローンで支払っておいたほうがマシだって考えるのが普通だと思います。

だけど夫は一生賃貸派。何を言ってもダメ。戦おうものなら喧嘩の火種となって2、3日は喧嘩の後を引きずります。

お姉さん

交渉がダメな時は時が熟すのを待ちましょう(笑)

だけど「一生賃貸 無理」。持ち家は欲しいと思うのが私の正直な気持ち。50代で賃貸も恥ずかしい・・・

■夫 一生賃貸? 持ち家のデメリットとは?

夫 一生賃貸の理由画像

・ローン返済おわらない
・転勤? それは最悪
・修理は自己負担、災害保険は?

そもそも旦那が嫌いな持ち家のデメリットってなんなの?

調べてみると確かにデメリットが出てきます。

例えばローンの返済がなかなか終わらないとか、マイホームを買った途端に転勤辞令が出て新築のマイホームに住めないとか、何か台風とか地震とか起きた時に家の物が壊れるとそれは自己負担で直さなければならないということです。

だけど例えばローン返済がなかなか終わらないと言っても30代で買っとけば30年ローンもしくは35年ローンでおおよそ65歳にはローンの支払いは終わります。

つまり定年と同時にローンが払い終わってあとはちょっとした税金を毎年払っていけばなんとかなるということです。

これはどう考えても一生賃貸よりば金銭的にはメリットがあると私は考えます。

お姉さん

それに毎日、自分の考えた理想のキッチンで毎日料理を作るほうが毎日が楽しいです!

これって一生賃貸・持ち家を比較した場合の一番の持ち家のメリットです。

よくある話ですが、新築を作った途端に転勤が決まるなんてことは確かによく聞く話ではありますが実はこれも考えようです。

これは転勤族の人とかによく聞く話ですが、マイホームを週末のリラックスの場所と決めて、たとえ転勤はしてもそこへは単身赴任で行って週末には気持ちの落ち着く自宅に帰るという生活もなかなか楽しいようです。

どうしても家族で引っ越ししたいという場合には、それなりの家を作っておけば賃貸をすることも可能です。

お姉さん

お金がないからといって安物を購入するのではなく特に水回りだけはお金をかけるのがおすすめです。総額で100万円も変わりません。

うまくやれば、なかにはローンの代金より高い金額で賃貸に出して差額で利益を得るという生活をされてる方もいます。

そう考えたら新築を建てることはデメリットは少ないです。

一生賃貸で不安な生活を送るくらいならさっさと安心料とおもってローンを組むのも一つの手です。

 

■夫 一生賃貸? 賃貸派のメリットは?

夫 一生賃貸のメリットの画像

・不景気でローンないからお気楽
・転勤になっても気軽に引っ越し可能
・将来のためにもっと貯金できる

夫のいう賃貸派のメリットとは、夫に言わせるととにかく今は不景気でローンがない方が絶対お気楽だと言います。

確かに今の世の中何が起こるかわからないという状況ではローンがない方が気楽といえば気楽です。

お姉さん

でも、誰にも干渉されない自宅があるというのもとても心が落ち着くものです。

賃貸でお金が払えないとなると引っ越ししなければならないという現実が迫ってきます。

ところがマイホームであれば私の友達がそうなんですが支払い期間を一時的に伸ばして毎月の支払いを減額するということも可能です。

景気が良くなったら前倒しでお金を払えばいいことだけですし賃貸デメリットと考えるローンを抱えているという精神的な話は確かにありますが精神面以外では老後も含め長い目でみると意外とマイホームの方がいいこともあります。

■夫 一生賃貸? 私の反論

夫 一生賃貸への反論画像

・一生家賃を払い続ける気?
・老後、賃貸を借りにくくなる
・偉い人は皆、マイホーム

一生家賃を払い続けるきなのと夫には言いますが同じお金でそれなりの水回り自分のお気に入りの浴室や書斎に囲まれて毎日を過ごすことは絶対プラスだと考えます。

それに賃貸の場合老後には賃貸を借りにくくなって子供に連帯保証人とかになってもらわないと借りることが難しくなってきます。

そっちの方がリスクだと私は考えます。

一生賃貸の末路は経験された方の情報というのもあまりでてこないので、意外と知られていません。

賃貸が一生住めるというわけではないのです。

だいたいそもそも喧嘩になるとついてしまいますが、世の中の偉い方々は賃貸ではないと思います。

お姉さん

社長さまなら、自分の書斎があるようなマイホームをもってますよね。きっと。

そうなんです。会社で出世している方は、ほぼ必ずマイホームは持っていてそこでくつろいでるイメージがあります。

やはり余裕をもって週末を過ごしたりする場所はないと出世などにとっても影響があるんだと私は思います

 

■夫 一生賃貸? マイホームを持つなら急ぐべし

夫 一生賃貸 先送りがよくない理由の画像

・先送りで、ローン返済どんどん苦しくなる
・世の中景気は繰り返す
・金利も世の中繰り返す
・一生賃貸で後悔という話もよく聞く
・一生賃貸って貧乏くさい

お姉さん

一生賃貸それともマイホーム?

そんなことで悩んでいるうちにローン返済の期間は短めになりどんどん苦しくなります。

それよりは早めに決断して返済期間を長めに取って毎月の支払いは小さめにした方が絶対生活は楽になります。

お姉さん

一生賃貸が賢いか、マイホームが賢いか。

まずは決断を早くすることがマイホームにする場合は重要です。

景気が悪いからローンを組みたくないとか景気が良いからローンを組めるとかそう考えずに30年というスパンで考えた時には結局プラスマイナスゼロになることの方が多いです。

なので長い期間を取ってローンを組んだ方が究極的にはプラスマイナスが少なくて済みます。

そのようなことも踏まえずっと悩んでいるんであればさっさと買ってしまった方がいいです。

お姉さん

金利だって同じです。

私自身超低金利と10数年前に言われてその時は違う金利が上がってきたら固定金利に乗り換えようと思ってその時変動金利を選んだのですが、その後金利は低いままで今もなお低いままですなので金利について言えば私は変動金利で助かったと考えてます。

これからは分からないって考えてる方もおられると思いますが、考えてるうちにどんどんどんどん状況は変わります。

先ほども言いましたが長い目で見ればプラスマイナスが0日数えていきますので気にせず悩んでいるのであれば決断を早くした方がお得です。

お姉さん

「一生賃貸」
子供はどう思うか?

そのような視点も重要かもしれません。

 

■夫 一生賃貸? マイホームでできること

夫 一生賃貸を覆す画像

・子供により良い環境確保
・払い終われば資産。途中でも実は資産。
・家賃がないので年金暮らしも楽に

マイホームを持って何がいいかと言うととにかく子どもにとっては落ち着いた場所で仲の良い友達も突然の別れなの考えなくて良くて安定した生活を送れます。

お姉さん

安定して日々くらせるのが最大の魅力♪

転勤で子供がいじめにあうなどを考えたらそんなリスクを考えるよりはマイホームで落ち着いて育ってくれた方が安心です。

男の子ならば転勤先でもたくましく通ってほしいと思いますが女の子を持っているような場合はやはりこうしたことは考えたいものです。

お姉さん

まだ住みやすい土地に家を買っておけばその住みやすいこと自体が資産となって将来的にも万が一の時にはその家を売却するということも可能です。

老後には小さめの家の方がいいという方もいますので子供が巣立った後には駅前の小さなマンションを今あるマイホームを売却することで得たお金で新しく買うということも可能です。

実際私の両親もそのようなことを行っているので、マイホームを持つことに対しては何ら高い障壁を感じていません。

お姉さん

むしろさっさと買っていざとなったら売ってしまえばいいんじゃないと気楽に考えてます。

 

■夫 一生賃貸? 万が一の時、実は賃貸よりマイホームのほうが安心

夫 一生賃貸でないほうが安心の理由画像

あと意外に皆さんが知らないのがマイホーム購入時の保険のこと。私の時で60万ぐらいは支払ったのですが、この保険のおかげで夫に万が一のことがあった時は保険から残りのローンが支払われます。

・夫が事故で働けない
・死亡したとき

こんな時にはどうしようと考える方がほとんどだと思いますがそんな時にも対応できるのがこのローンを支払う時の保険です。

下手な保険に入るよりはよっぽど家族のためには優しい保険だと私は思ってます。

夫が一生賃貸と考えている方、

まずは夫に夢の書斎や娘の心の安定の話などを持ちかけてみましょう。

そのあたりから切り崩すと夫もその気になってきます。

>>そんなの興味ない!って言っていた夫がハマった「成功する住み替え計画」を無料でもらえるのがこちら

 

一生賃貸派

いつかは限界がくる

a3

賃貸って実は高齢になればなるほど借りにくくなります。わたしにも実は義母がいるのですがお金も持っているし問題ないとおもっていたのですが、なんと連帯保証人を立てなければ貸してくれないということでした。高齢になればなるほどこんなリスクが賃貸にはあるんです。

賃貸です

a3

大きな声で言えないのが、「賃貸です。」やはりステイタスのようなものがマイホームにはあって確かに社長さんなどは賃貸には暮らしているイメージはありません。「賃貸です。」って言った瞬間に恥ずかしい気持ちになるのは私だけでしょうか。

買えるだけの資産を

a3

ただ一生賃貸でも、自分の手元に現金または貯金が3,4000万近くあればそのようなひけめを感じることもありません。堂々と賃貸を借り続けられます。ただ、手元にそれだけの金額をおいておける人は少ないのではないでしょうか。

高齢になると毎月の賃貸費が辛い

年取ってから賃貸を続けるのはきびしい

a3

さらに歳をとってからというのは収入もなくなってくるとやっぱり賃貸をつづけるのは厳しいものがあります。

年金で賃貸は辛い

a3

さらに年金だけの状態で賃貸を続けるのはなおさらです。高齢で体を動かして稼ぎを得るのも大変です。

高齢の両親が賃貸住宅に住んでいました

a3

高齢の両親が賃貸で暮らしていましたが、いろいろなリスクを考えて結局一生に私の家に住むことになりました。賃貸だとバリアフリーに対応したような物件も少なくアパートの階段の上り下りなどもきつくなってくるのでやはりこういった段階になるとマイホームのほうがよかったのかなと思います。

転勤族の妻です

転勤族のなりの果て

a3

転勤族のなりの果ては、まわりに親しい友達もなく根無し草状態。若い時はお気楽でしたが、歳をとってこの状態は少々厳しいものがあります。この点ではマイホームがあって子供づての仲のいい知り合いがいたほうがよかったのかと思います。

50代の転勤族です

a3

50代で転勤族。いまさらマイホームを購入するのもどうかと思いながらもやはり落ち着く場所が欲しいので購入を決めました。50代ではまれなのかもしれませんが、人生100年時代。あと50年近くあると思うと好きな場所で落ち着くのもよいかと考えています。

転勤族なら住宅補助があるのでは?

a3

転勤族であれば住宅補助がある方がほとんどだとおもいますのでそういった方はせっせと家賃分をため込んでいつでもマイホームを買える状態にしておくのもよいと思います。

マイホーム派

買うのなら

a3

買うなら30代、40代、50代、いろいろな選択肢がありますが、わたしはいまの時代はいつでもいいのではないかと思っています。とくに購入の際にお金がかからないからといって安い物件を選択するのではなく南向き角地など、売れる物件を購入しておくことをお勧めします。そのようにすることで、いざというときも簡単に売却できて換金可能です。

残す相手がいないので

a3

一人暮らしの方は残す相手がいないからと思ったりすることもあるかもしれませんが、あなたの人生です。あなたが好きな選択をすることをおすすめします。もしかしたら、マイホームを手に入れることで精神的な安定感を得られて新たな出会いがあるかもしれません。

リスク管理は忘れずに

a3

そうはいっても常にリスク管理は重要です。地震、火事といったものに対する保険はしっかりと毎年確認しておきましょう。

実家派ですが

「一生賃貸」の場合、生涯収支はどうなる?

a3

一生賃貸の場合、生涯収支はどうなる?と考える方も多いと思いますが、はっきりいってどちらも変わらないというのが私の見解です。だからいろいろな方がいろいろ言いますが、どこを見ても結論らしき結論がありません。

次回、持ち家の検討について『家を購入するなら、住宅ローンは変動?固定?フラット35?どれがいいの?』

a3

このあたりも、難しいところはあります。ただ私の場合、超低金利時代ということもあって金利が上がってきたら固定に変えればいいやくらいの軽い気持ちで変動金利を選びました。結果的に10年以上低金利で動いています。

一家の稼ぎ手に万一の事態があったときにリスク大

a3

一家の稼ぎ手に万一の事態があったときというのは、マイホームをローンで購入した場合はほぼ強制的に入らされる保険があるので、その保険でカバー可能です。私の時で60万近く支払いました。この60万は少なくとも私の時には強制的でした。

迷っている

a3

実家でも建て替えを迷っている方もいると思います。実家は実家のままとっておきたいという気持ちもあると思います。複雑ですよね。でもちょっと計画を立ててみるのもいいと思います。現状を変えてみるのも面白いものです。

預金があるなら賃貸でもいいと思います。

a3

預金があればいつでもマイホームを購入可能というマインドもあるので結構お気楽に賃貸続けられます。そして実際お気に入りの場所がみつかったら購入というのもいいものです。

一生賃貸と決めたんじゃなくて

a3

いい場所が見つかったら家を買おうと思っている方も多いと思います。わたしは学生のときからそういう方針でした。いいところが見つかったらそこに長く住むという考えです。なかなかいいですよ。この考え方。

家はいつでも買えますよ。

a3

ということで、お金さえしっかりためておいたら家はいつでも帰るというのが私の持論です。

持家に住んでいますが

賃貸のほうが楽に見えますがどうなのでしょう

a3

賃貸のほうがお気楽そうに見えますが、賃貸は賃貸で水回りがやはりランクが落ちたり、周りの住環境がいまいちだったりするので、お気楽な分、制限されたりすることもあります。なのでどちらがいいとは言い切れません。

<

夫婦2人になった時点で2LDKぐ…

a3

持ち家なら、夫婦2人になった時点で売却して駅近くの物件に引っ越すなどということも可能です。実際私の親はそうしたことを選択していてそれを身近に見ているので、これもありだなと感じてます。それだけにマイホーム購入するなら売れる物件、売れるまどりとすることが重要です。

私も金銭面だけなら賃貸派です

a3

というわけで、目の前の金銭面だけをみたら賃貸派なのですが精神的安定や日々の暮らしを考えるとやはりマイホームなのかなと思います。お金で買えない幸せというのもあるものです。


>>そんなの興味ない!って言っていた夫がハマった「成功する住み替え計画」を無料でもらえるのがこちら