ノンストレスで快適生活!

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a2

今から10年前の34歳です。


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

団地に住んでいたのですが、下の階に音が響かないように、特に足音には気をつけましたし、大きな声で話すのはもちろんNGでした。ベランダでプールを作って遊ぶにも、下の階に水が飛ばないように気を使うのに疲れました。

また、定期的に駐車場の草むしりや会合などの近所付き合いが多いのもストレスでした。何でも知りたがりおばさんに(団地に必ず1人はいる…)、うちにい居るか居ないかなども、なんとなく調べられてるのも心底ウンザリしましたね。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

子供が小学生になると同時に、良い機会だからとマイホームを建てることにしました。それまで住んでいた団地では手狭なのと、家族でのびのび暮らしたいと思ったのがきっかけです。

義父が一人暮らしをしていて、体力が衰えてきていたのも心配でしたので、家を建ててみんなで暮らそうと思いました。

義父の持ち家に建て直すことにしたので、土地代はかかりませんし、家にかかる費用も半分は義父がキャッシュで払ってくれると申し出てくれたので、マイホームを建てる方向に一気に動き出しました。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

シックで落ち着いた雰囲気にしたかったねで、家の内装は全てこげ茶色で統一しました。こげ茶は床の傷が目立つと色んな人に止められましたが、杞憂に過ぎませんでした。コーティングワックスを塗ってもらったので、傷がついてもあまり目立ちませんし、なにより床がこげ茶色なのは品が良くてやっぱりこの色にして良かった!と思っています。

もし、色でお悩みの方がいらしたら絶対に好きな色にした方が後悔はないですよ!と言いたいです。

毎日の生活は好きなものに囲まれたいですよね。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

のびのびと暮らせるようになりました。

地方都市なので、庭も広いのでバーベキューをしたりサッカーをしたり、団地時代とは断然違う生活を送っています。

庭の手入れもいい運動です。

隣近所との距離もあるので、生活音に気を使うことも一切ありません。

バタバタ走り回って、大きな声で笑って(たまに喧嘩もあります笑)、周りに気を使わない生活がこんなにノンストレスなのかと、つくづく感じています。もう元には戻れないですね。子供も伸びやかに育っています。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

自分のこだわりは、絶対に曲げないでくださいね。後から必ず後悔します。また、多少時間をかけてでも内装も外装もじっくり選びましょう。

また、これは完全に個人的な意見ですが、通りに面した部分に大きな窓を作ると、今人がいるかいないか(特に夜)分かってしまうので、勧誘系の訪問がめちゃくちゃうざいです。日当たりと相談しつつ、なるべく大窓は通りに面していない箇所に作るのが良いと思います!

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?