DIYで自由にアレンジ出来、それぞれの生活を尊重した間取りの、家族のキャンバス。

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a2

34歳


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

とにかく狭く、子供がまだ赤ちゃんと幼稚園生だったので、おもちゃを出すと部屋中に散らかり、どうしようもありませんでした。また、夜勤のある仕事の主人が寝ているのに、騒ぎ、壁が薄いしドアはふすまだったので、眠れず、かなりストレスになっていた様です。主人は主人で、夜勤帰りの早朝に物音に気をつけながら、お風呂に入ったり、ご飯を食べたりするのが大変そうでした。階下の人や隣の人に迷惑になっていないか、かなり気を遣いました。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

子供の小学校入学です。このままお互い、そして回りの方々への生活音を気にしながらの生活はストレスですし、お友達も遊びに来られない狭さ。これから子供達がどんどん成長するなら、絶対に引っ越しは必須でした。なので、子供の環境が変わってもあまり負担にならない、小学校入学前の春に引っ越しました。また、学童が無いので、私達夫婦が仕事をしている間に両親に子供を見てもらいたかったです。そのためにも、広い家は必要でした。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

夜勤のある主人が子供達のうるささを気にせずに昼間眠れるよう、寝室を太陽が夕方まで当たらない西側にしました。また、2階にもトイレ、洗面所を設け、主人専用になっています。リビングの中に階段がある間取りや、吹き抜けのある家が多かったですが、夏のエアコンと冬の暖房の効果を考えて、それは選びませんでした。一軒家にすると電気代が驚くほどかかるようになる、と聞いていたからです。壁を白にして、光の反射効果で明るいです。これも節電効果になっています。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

もともとDIYが好きだったので、自分たちで家をアレンジできる楽しさにはまっています。賃貸では出来なかった事を次々とやれて、夫婦の共通の趣味になっています。例えば、壁をくりぬいてニッチを作ったり、ピッタリサイズのカウンターを作ったり、掘りごたつのようなコーナーを設置したり。壁を漆喰で塗ったりもしました。

また、賃貸時には無かった庭で思い切り、ノコギリやサンダーを使えるのも良いです。更に、犬も飼えるようになりました。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

見た目のお洒落さで間取りを選ぶと、実際に生活をしてみて大変な事が起こったりします。私は光熱費について、友人から聞いていたので、吹き抜けやリビング内階段はお洒落でしたが、辞めました。実際に同じような環境で生活をされている方の話や口コミを良く聞いてからが良いと思います。庭付きはとてもオススメです。小さくても庭があると、かなりリフレッシュできます。

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?