自由きままでに好きなようにリフォームができる。

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a2

34歳


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

第一子が生まれ、最上階に居住していたが、下の階や周りの居室の住人に夜泣きや生活音に関してとても気を使って生活をしていたので精神的にいつも気を抜けなかった。

また、エレベーターを必ず利用しなければならないので、いちち一緒に乗る人へのあいさつや、会話に気まずい雰囲気になるのがいやだった。

ごみ捨ても毎回曜日に関係なく出すことはできたが、6階からもって1階の集積所にベビーカーを引きながら外出時に出していたため大変でした。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

賃料を払いつづけても後に何も残らないと思ったので、購入を考えた。また、子供の誕生により、スペース的な面でも居室が足りなく、同時は自宅で仕事もしていたため、あまりにもスペースが狭すぎた。利便性が悪く最寄り駅までの徒歩がかなり厳しい物件であったため、もう少し、利便性のよいところがいいなあとも思った。マンション管理体制もあまりよくなく、居住者も色々な人がいるので、目で見ていやだなあと思ったことでも特にアクションを起こさず、当たらず触らずにしていた。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

宅地の建ぺい率や用途地域などできれば角地がいいと思って探していた。

木造ではなく、RC造でさがしていた。そのため長期所有でも建物の価値の減少率が少しでも下がると思った。地震や台風といった天災にも備える意味で躯体の丈夫なものを選びたかった。

見た目のデザインなどもスタイリッシュであるため、そういうものがほしかった。実際はとても満足して居住している。

今後の子供の成長に合わせて間取りの変化へも可能なので、バリエーションが広がる。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

利便性の良い場所に引越しができて、とても買い物が楽になった。

ごみ集積場も家前に出すことが出来、楽になった。

近隣への騒音に対する迷惑を考えることなく、子育てができ自分のペースで生活できるようになった。

植物を購入し、ガーデニングを楽しむようになり心が豊かになった。

お風呂が大きくなったので、バスタイムが楽しみになった。

トイレが2つになったので、使用状況を心配することなく、いつでもいけるので安心して生活できる。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

子供の学校関係をかんがえれば、ある程度利便性のよいところに立地するのが妥当だと思う。

長期的に建物の価値が下がっていくので、土地の価値でもある程度の場所を選んだ方が高齢になったときのことを考えるといいと思います。住宅ローンを組む際はできるだけ利息の低いものや組み換えや繰り上げ返済も視野にいれて選択をする。

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?