個々の空間も保ちつつ、いつでも家族が集まれる家

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a3

42歳


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

子供が大きくなって、狭かった。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

家が狭く感じた事と、保護猫を飼いたかったから。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

老後を考えて、平家にした。

家族もほぼ自立していたので、それぞれの趣味を満喫できる家にした。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

マメに掃除をするようになった。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

家を買ってからも、賃貸とほぼ生活水準はかわりません。

むしろ、買った今の方が暮らしは良くなった気がします。

購入を迷っている方、展示場を見学に行ったり資料を請求したり、一歩踏み出すだけで人生変わりますよ。

若いうちに建てる家もいいかもしれませんが、子供が大きくなって、みんなの意見を取り入れて建てる家は、家族全員が満足できて本当に素晴らしいですよ。

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?