広すぎない管理のしやすいサイズのマイホーム

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a2

27歳の頃


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

毎月の家賃、生活費、光熱水費、税金などなど、貯金なんて全くできないほどの給料で、その割に出ていくお金が多すぎる…。

更には夫の尋常ではないギャンブル好き。

少しでもお金に余裕があると全てパチスロに溶かしてしまっていて、本当に頭を抱えました。

お前の辞書に「貯金」という文字は無いのか、と何度も思いました。

金欠になる頃にはいつも喧嘩が耐えず、夫のプライドを立てて「給料が低い」とは言いませんが、いい加減気づいて欲しいものです。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

そもそも、ローンと家賃、同額払うくらいなら資産となるマイホームを購入した方が良いのでは?と常々思っていたことでもありました。

そんな中たまたまポストに入っていた住宅関係のチラシを見て一念発起。

夫も同じ考えだった事もあって、すんなりと購入する事が決まりました。

また、最近は電気が主流らしく、ガス代が無くなり、電気と水道だけの支払いになる事、売電で僅かながらにも収入が増えるまたは電気代がペイできる事に魅力を感じました。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

注文住宅ではなく、建売住宅を購入しました。

注文ではやはり高くなるだけではなく、想定通りに完工されるとは思えなかったためです。

そんな建売住宅ですが、和室はつくりませんでした。

誰かを呼んで泊まらせる事はないと思い、また猫を飼うつもりだったので、畳だとすぐにボロボロにされるのが目に見えていたのでつくりませんでした。

あと、サンルームを後付けしました。

2階のベランダに洗濯物を干す大変さを絶対回避したかったので。

偶然にもサンルームは猫の日向ぼっこをする場所であり、子どもたちが遊ぶ場所にもなっています。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

劇的と言うには弱いかも知れませんが、猫が家族になりました。

また、光熱水費が若干抑えられた気もします。

ただ、冬場はやはり高くついてしまうことは変わらない変化と言えます。

部屋が多く、広くなったこともあり、それなりにでも掃除をしようと言う意識が生まれたと思います。

とは言え、元々家事が得意では無いので、最低限というラインは相変わらず越えられることがないですが。

あ、夫がギャンブルをやめました! これは確実に劇的な変化と言えますね!

あとは他人が家の中に入る事が増えたと思います。

生活基準が少し変わった事もあり、誰かを招き入れる事が多くなったと思います。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

マイホームは夢とよく言われますが、今は様々な在り方があります。

建売住宅を買うのはもちろん、注文住宅でも安く抑えられる所が増えました。

建売住宅をいくつか内見し、その中でも納得のいく物件がなければ注文住宅にする。

その方が手間はかかってもコストはかなり抑えられることでしょう。

予定より抑えられたぶん、インテリアや家電に回せるので悪いことはありません!

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?