私たち家族が来るのを待ってくれていたかのような温かい家です

わたしが賃貸をやめてマイホームを購入したのはつぎの年齢のとき

a1

26歳


賃貸に住んでいたときに悩んでいたことはこんなこと

賃貸の頃は5階建ての4階に住んでおり、小さい子供がいたのでとにかく騒音で隣や階下の方に迷惑をかけないように気を使って生活していました。

とはいえまだ注意してもわからない年頃でしたので、どうしてもドタバタと走り回ったり大きい声ではしゃいでしまったりする度に注意して、大人も子供もストレスが溜まっていたように思います。

幸い、隣の方も上下の階の方も心優しい方ばかりだったので、苦情などはありませんでしたが、廊下を歩く音なども気になるぐらいだったので、とても神経をすり減らして暮らしていました。

賃貸をやめてマイホームを購入に至ったきっかけとは?

もともとマイホームを夢見て資金を貯めており、少しずつ自分たちで下見や内見をしたりしていました。

そんなときに自分たちの理想を全て詰め込んだような家に出会い、また担当の方が物腰柔らかでとても話しやすく、住宅ローンの相談など、自分たちの不安に思っていることに親身になってくださる姿勢にもとても感動し、無理矢理売ろうとしている感じも全くなく、とても好感が持てる方だったので、内見したその日からすぐに契約に至りました。

マイホーム購入にあたり注意したことやこだわりはこんなこと

保育園や小学校など、子供の今後の交友関係や生活環境にあまり影響のない範囲での引っ越しができたらいいなと思っていたのと、あまり近隣の家と近すぎない場所を選ぶようにしました。

あとは、中古での購入を検討していたので最低限水回りはリフォーム済みの物件で絞り込みをしたり、地域性や治安の良さ、近隣の方と円滑に過ごしていけそうかなど、近くに住む方からリサーチを徹底しました。

そして、子供がまだ小さいので大きな道路に面していない、散歩コースが多そうな物件を探しました。

マイホームに住んだら「こんな風に劇的に生活が変わった!」

まず、ほぼポツンと一軒家状態なので、子供がはしゃいでも注意することがなくなり、大人も子供も静かにしなさいと言うストレス、言われるストレスがなくなり、かなりのびのびと過ごすことができるようになりました。

また、賃貸マンションの頃にはなかった庭があるので、このコロナのご時世ですし、どこにも遊びに行けない代わりに天気が良い日は子供と一緒に庭で遊べますし、道路に面していないので安全で安心してボール遊びなどすることができ、とても快適です。

煙などが迷惑になる距離に近隣住宅もないので、気を使うことなく家族バーベキューも堪能しています。

また、田んぼ道が多いので気分転換になる散歩コースも多く、精神的に開放された生活ができています。

これからマイホーム購入を考えている方へのアドバイス

なんとなく、ここでいいかなぁと妥協するのではなく、納得いくまで内見はしたほうがいいと思います。

内見はタダなので!

しかし、実際に住んでみると後悔しない点が全くないわけではないですが、それでもまぁいいかと、残念な点より良かったと思える点が多い家を購入することが、一番の一生納得できる家を購入することのできる近道になると思います。

【一生賃貸?】の不安から【毎日充実】の安心へ

このまま一生賃貸? 賃貸に住んでいると不安いっぱい。だいたい旦那にそれとなく話しても話をそらされる始末。このままじゃ・・・

・ほんとに一生賃貸かも
・知り合いに賃貸に住んでいることがバレたら恥ずかしい
・老後はどうなるの?

不動産会社員

こんな時は、旦那にデメリットを強調し、メリットもどんどん伝えることが重要です。まずは、「万が一あなたがお亡くなりになったら私はどうするの?」という発言がおすすめです。マイホームを購入しておけば、万が一の時は保証会社が残りの金額をぜーーんぶ払ってくれますから、万が一の時も安心です。(ほぼ強制的に入ることになると思いますが、もちろん保険に入ることは必要です。)家族のことを思えば、よい選択ですよね。。。こんな感じで旦那さんを説得しましょう。

あとは殺し文句は、「あなたの書斎ができたらなんだか社長さんみたいでかっこいいね」といったところ。旦那さんは書斎にすわってコーヒーをすする自分を想像しながら、にんまりして、まぁとりあえずパンフレットでも見てみるか・・・なんて流れになること間違いありません。

こんなときのために、今から資料を用意しておきましょう
>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?